会社 仕事 勤務

25〜36 / 91件
会社の打ち合わせ
蒸しパン
私の会社は国内外に複数の拠点がありますが、社内の別拠点の担当者との打ち合わせは、度々出張していました。この打ち合わせのための出張では、打ち合わせの時間以上の時間をかけて移動することも多かったです。現在は打ち合わせの9割がオンラインになりました。細かな議論は対面の方が効率的だと感じることもありますが、移動時間も交通費もかからず、全体で見ればとても効率的になったと感じています。
仕事に関する勉強会、講座
こばやし
パワーポイントを用いての講座が多いので、オンラインであればzoomで画面共有もできて、自分自身もどこからでも参加できるので便利だと感じました。普段ほど発言はしにくいですが、チャット機能も活用すると問題ありませんでした。
仕事全般
つくし
元々、ネット環境があれば出来る仕事(発注や入荷の手続きの際、要る書類作成など)だったので、わざわざ出勤しなくて良くなったので、気分的にも楽になった。連絡事項も、電話やメールで済むので、自分のペースで仕事がはかどり、自分の時間も多く持てるようになったので。
会社の会議
aas
会議室だと『本当に今必要なのか』疑問に思う議題がいきなり上司から挙がるなどし、時間だけがダラダラ過ぎるイメージがあった。オンライン化してからは皆が自宅に家族といるからか時間を前よりも気にするようになり、『今本当に話すべき事』にキチンとフォーカスが当てられるようになったと感じる。
会社の会議
ぽこりん
まず無駄な移動時間が省ける、またオンラインで無言は何となく気まずいからか、必要最小限の内容で無駄話が減り、効率が良い。場所を確保する手間が省ける。無駄な会議資料が少なくなりエコ。顔を合わせて会議をする必要性を感じなくなった。
会社業務
sarururu
強制的に在宅勤務をさせられた結果、会社業務の大半のことが実はオンライン化されていることに気づきました。今まで使用しなかった会議システムが使用できるなど、出社の必要性がなくても業務ができるようになってきているので、オンライン化されて良くなっていると思います。
会社の会議
まんち
会社に今までいちいちいかなければならず、他にも支所があったので、かなり早朝にでなければならない時などがあったが、オンライン化されたことによって家から出ずに会議に出られるので、とても便利だと思っている。
会社での定期研修
PAATAN
1ヶ月に1回、15分〜20分ほど会社で定期的な研修(座学)があります。他の部署の人が講義してくれていて、もともとオンライン形式ではなく生の講義スタイルでした。他部署の人と話す機会にもなっていたし、15分ぐらいのことなので仕事に支障はでませんでしたが、今般オンライン化が進み、講義を受けるのではなく動画を20分程度みることになりました。しかし、その動画を聞いても、淡々と一方的に法律用語のようなことを語られているだけで理解ができず、さらに、バックグラウンドで再生して別の仕事でもしようかと思ったところ、その1画面を開いたら他の画面が開けないようになっていたので、こういうものはオンライン化してほしくなかったです。
会社の会議
momi
・だらだらと会議をするのではなく、時間厳守で行えるようになった。・一つの場所に集まるとなると、それぞれの都合があり開始時間が遅くなることがあったが、開始時間が早くなった。・オンライン上だと、発言がしやすくなった。・
会社の研修
なっちゃん
病院で働いている看護師です。現在の新型コロナウイルス感染のこのような状況の中で、研修等は中止になりました。また、シフト勤務であるため、通常時であっても、日時指定をされると、休日や夜勤明け、入りの前に病院に来なければいけないことが多々あります。集団感染リスクや休日出勤を減らすためにも必要であると考えます。
仕事の効率化
ぽんすけ
仕事で地域の情報を扱っていますが、従前よりも情報が入手しやすくなり、発信もしやすくなりました。情報入手のための移動コストや時間も減りました。また、同業他社ではパソコンやスマホが扱えない者もいてオンライン化が遅れているので、今後優位に立てる可能性があります。
会社の出張や研修
かりんとう
会社の出張や研修などがオンライン化されたことで、移動時間のロスや、出張旅費などが削減されたからです。今まで移動時間のために昼食を食べ損ねてしまったり、通常業務を行うために出張や研修後にまた職場に戻り残業しなければならないことがほとんどだったので、オンライン化されることで時間短縮につながり仕事効率は上がると思うからです。
MENU