オンライン化しないで欲しいと感じること

13〜24 / 38件
友人との食事
yakitorifriends
今の状況なので、オンラインでの交友は必要なものとなっているが、やはり実際に顔を合わせて楽しみたいと思う。オンラインだと食事や雰囲気などを共有するのが難しいし、相手の感情などを感じとるのも難しいと思う。その場での盛り上がりというのも生まれないように感じる。
ピアノの習い事
たかまま
画面越しだとどうしてもほんの少しタイムラグが生じる気がするので、指の速い曲などは指のタッチの指導に限界を感じるし、手元のアップを間近で見る事はできないので、細かい指導までは行き届かないと思う。特に子供相手に教えるのは難しいと感じる。
学校の授業など
サラダ
学校の授業は現在オンライン化で仕方のないことだとおもいますが、同じ場所で先生や生徒と勉強することでその場の雰囲気や他の友達の仕草や関わりが生まれるためオンライン化はして欲しくないなと思いました。効率は良いですが、子供の時に経験せねばならない人とのコミュニケーションが疎かになってしまうように感じました。
学校の授業
タクト
授業に関してはとてもよいと思いますがただ、授業するにあって子供たちの理解できている表情やわからない表情など先生たちが果たして気づくことができるのか?子供がわからなかった場合マンツーマンで教えることが難しいのではないかなと思います。
就職の面接
みかん
オンラインだと面接される側は、その会社に行く手間が省けますが実際にその会社の人事の人など会社の人と接する機会が少なくなってしまうと思います。採用する側も直接あって話をしたりするこによりその人がどんな人かより分かるのではないかと思います。
図書館の本
もちこ
最寄りの図書館がオンライン図書館の電子書籍を勧めてくるが、本をスマホ画面で読むと目が疲れるし、ページを雑にめくって流し読みしたいときに操作がめんどくさい。語学勉強のテキストや料理のレシピ本などの電子書籍化は便利だが、じっくり全体を読むタイプの本は紙媒体で読みたい。本の予約をオンラインでできるのは嬉しいが図書館の本すべてがオンライン化するのはやめてほしい
学校の授業
vitalizer
コロナの影響などでオンラインの必要性は感じますが、授業は複数人での対話から生まれる学び合いが大切だと思います。それができる環境が、今の日本では整っていないこと、家庭の経済力によっての差がさらに開いてしまうこと、一方的な発信を受け身で聞く昔の教育に戻ってしまうことが心配です。
学校の授業
Tomo
子供達にとって、学校は授業を受けて勉強するだけの場所ではないと思います。集団生活の中で、勉強以外に様々な事を経験し学ぶ場所です。もしも、学校の授業がオンライン化になってしまったら、子供達の社会性や人間関係の構築において、様々な影響が出ると思います。また、オンライン授業によって、姿勢不良や視力が悪くなる子供が急激に増えると思います。オンライン化は、慎重に扱うべきです。
銀行口座と通帳
むつきさつき
ネット空間を100%は信用出来ないので、銀行口座をネットバンキング等にしたくない事が理由のひとつです。あとは家計簿の管理を、記帳した通帳にチェックを入れる事でしているので、通帳なしのネットのみでの確認は形に残らなくて不安です。
学校の授業
SAKURA
遅れている授業を取り戻すために致し方ないのだとは思いますが、やはり学校生活は実際に先生や他の生徒と時と場を共にしてこそ意味があると思います。現代は、「みんなが主役」「順位はつけない」といった教育方針もあり、社会に出ても打たれ弱かったり、差がついてしまうことを受け入れられず、「自分には向いていない」とあきらめ癖のある人が多いように思います。共に学校生活を送り、周囲に自分と比較できる対象がいることで、「得手不得手」くらいは自覚できると思いますので、オンラインで人との直接的な関りがなくなり、そういった機会が失われることはあまり好ましくないと感じます。
子どもの学校
もりひろ
子どもの生活の中心である学校も長期休校が決まり、家庭でできる課題が出されました。とはいっても、学校とは環境が全く違うため緊張感のない学習時間となっているように感じます。短期間のオンライン授業ならいいかもしれませんが、オンライン授業が主流となってしまうと、先生と実際に対面したり教室の空気感だったりが薄れてしまうことから、オンライン化はしないでほしいと感じています。
商品販売
ガーベラ
対面でお話しながら販売したり、買ったりするのが好きだったのでその時間がなくなるのはちょっとさみしい人間味のある販売員さんに相談しながら選びたい好きなお店もすべてオンライン化されてしまうととっても悲しい。
MENU