オンライン化して欲しいと感じること

25〜36 / 64件
納税、資格試験
Sujiro
固定資産税など、納税について未だにオンライン化されていないものがあります。資格試験についても、例えばファイナンシャルプランナー試験は受験料納付含めてオンラインで申請可能ですが、社会保険労務士試験は申込用紙は窓口もしくは郵送(返送用封筒を試験センターに送って返送してもらう)、受験料はコンビニなどで支払い、その上で申込用紙を窓口か郵送で提出、と未だアナログの極みで、その組織にいる方の変革意識の低さを感じます。
マイナンバーカードの発行
まゆう
国民全体に10万円が支給されるニュースで、マイナンバーカードを持っている人はオンラインで申請ができるという事で一気にマイナンバーカードが注目されました。しかしマイナンバーカードの発行手続に役所に行かなくてはならず、いわゆる三密になった地域が出てきました。本人確認の書類(免許証など)の画像をいくつか送って、後日郵送というわけにはいかないのだろうかと思いました。セキュリティ上の問題が出てきますが、その辺りが心配にならないような設備を充実させたりシステムの構築を、国が先陣を切って取り組んでいってほしいと思いました。
学校の授業
yuyu
今回のコロナウイルス蔓延の騒ぎで、学校の授業のオンライン化に積極的に取り組んでいる学校も多いようです。しかし、私の住む地域ではまだまだな印象です。今回は一度山が落ち着いてきている状況ですが、また次にこのようなことがあることも十分に想定できると思います。なので、その時にすぐに対応できるような準備を積極的にしておいて欲しいと感じています。
医療機関
表面張力
病院内での感染などがあるので、人と関わりを持たずに診察などができると良いと思う。また、本当に具合が悪いときは、自宅から出ることも難しいです。オンライン診察が無理でも、せめて、問診はオンラインにするくらいして欲しい。
子供の習い事
まめこ
子供がピアノを習っていますが、3月から休みが続いています。知人のお子さんが通う別のピアノ教室では、オンラインでレッスンを受けているようですが、子供の教室ではオンライン導入には消極的です。先生はやはり実際に直接見聞きしてから指導をしたいようで、コロナが落ち着くまでは休むというスタンスですが、今後長期化することを考えると現実的ではないように思います。
承認のはんこ
Darsim
一時期ニュースでも話題になりましたが、企業の何らかの書類に承認印を押すためだけに外出自粛中に出社している方がいらっしゃることです。はんこ文化を完全になくすべきだ、と思っているわけではなく、はんこをシステム上で押下できるように見せる仕組みはいくらでも作れます。そのような流れに変えていくべきだと感じています。
学校の授業
kuranama
授業のオンライン化のメリットは、学校以外の場所にいても授業が受けられることです。今回の新型コロナウイルスによる自粛期間のような状況下でも、インターネット環境を利用すれば普段と同じレベルの教育を受けることができます。さらに、将来的には国境を越えたグローバルな授業ができるという大きな可能性を秘めています。
会社の仕事、学校の授業
きゅう
会社の仕事:日本の企業はまだまだオンライン化が進んでいないと思う。家でできる仕事、会議はできるだけオンライン化してほしい。普段の仕事でも通勤時間が長くて、通勤ラッシュもひどい。通勤だけでストレスを感じるので、これを機に、オンライン化を進めるのは良いことだと思う。学校の授業:教育を平等に受けられるようにすることは当然だと思う。せっかくできる技術があるのに、対応できていないのは残念。今の状況下だけでなく、今後も進んでいくことだと思うので、オンライン化してほしい。
IT業界の更なるリモートワークの推進
よっしい
IT業界では、従来から「客先常駐」という出勤を前提とした働き方が常態化しています。リモートワークによっていくらか緩和されているとはいえ、そもそも機械化の最先端のはずのITで未だに出勤しないと仕事が進まないということ自体がおかしいと思います。さらにオンライン、リモート化を推進し完全リモートワークが当たり前となるようになってほしいと思います。
仕事の打ち合わせ
ラッコの王様
フリーランスでデザイン業をしているのですが、仕事の依頼主との打ち合わせは直接会ってすることが多いです。初めての依頼主でしたら、あいさつを兼ねて直接お会いするのもわかるのですが、ほとんどの打ち合わせはオンラインで対応できるものばかりです。フリーランスは納品物にのみギャラが支払われるので、打ち合わせの交通費は基本的に自分持ちです。移動や準備にかかる時間も考えると、オンラインで済ませてもらえればかなり助かります。
学校授業、役所への申告
くぼた万寿
①コロナ問題で学校休業して早3か月が経ちました。学校再開の目途が立たない中、オンライン授業を行っている学校は少ないようです。文科省が早急に対応して都道府県へ対策を講じ、タブレットの配布と授業のカリキュラムを組み、各学年の授業を行ってほしいです。②日本は手続きの国ですが、緊急事態だからこそオンラインで済ませて、必要書類を封書を送るといったシステムを取り入れてほしいと願っています。
学校へ欠席連絡
なつき
私の住む地域が進んでいないだけかもしれませんが、学校の欠席連絡がオンラインで出来たらよいと思います。理由は、現状では、朝学校に電話しても先生が忙しく対応できないため、基本的には登校班の子に連絡帳を渡して、それを担任の先生に届けてもらうようなやり方をしており、とても非効率であること感じるからです。オンラインで欠席の連絡ができれば保護者、先生、そして子どもの手間が省けると思うのでとてもよいと思います。
MENU